モデルのオーディションについて

モデルのオーディションについてですが、1つ注意しておくべき事があります。モデル事務所の中には、お金儲けが目的な悪質な事務所も存在し、オーディションに合格した後に、高額な費用を請求するケースがあることです。今回は、1つの例上げてご紹介します。

・オーディションの募集
モデル募集の案内を新聞の求人広告に掲載し、広く一般の方を募集しています。どの雑誌のモデルになるか等の記載はありません。所謂、事務所専属モデルとして登録する為のオーディションとなります。応募には、顔写真と全身写真を履歴書などと同封して、郵送します。すると、オーディションの日時などスケジュールが記載された案内状が返送されてくるのです。あたかも、写真審査・書類審査が通ったかの様な文面で、気持ちを高ぶらせます。

・オーディション当日
原宿辺りのマンションの一室を、事務所として利用しているのが多いです。事務所に着くと、先に受付した人から順に、写真撮影や面接が行われています。とても事務的ですが、本格的な写真撮影などで、オーディションを受けた人の気持ちは更に高まります。既にモデルになった気持ちにさせられます。

・合格通知
郵送で、合格通知が送られてきます。合同説明会の日時が記載されていて、一瞬の内にモデルとしての歩みが始まったと思い込まされるのです。

・合格説明会
説明会当日に事務所に着くと、合格者のあまりの多さに驚きます。そこでは、その後のモデルとしてのレッスン料や、売り込みに使うというカタログ写真の料金の説明がされます。そこで、怪しいと疑えれば良いのですが、大半の人は騙されていることに気づかずに、高額なレッスン料とカタログ写真の料金の振込先の用紙を持ち帰り、振り込んでしまうのです。

・モデルとしての仕事
電話で、募集はないかを問い合わせると、誰でも出来るような、エキストラの仕事ばかりを斡旋されます。

如何でしょうか。このモデルになりたいと思う人の心理を巧妙に利用した詐欺と言えます。これからモデルを目指したい人には、是非とも注意していただきたい事例をご紹介しました。

ヒゲ脱毛でモテモテ

私の知人でヒゲの永久脱毛をした男性がいますが、とてもよくモテます。
曰く、ヒゲ剃り負けをして毎回肌が痛み、ヒリヒリするのが嫌で、永久脱毛をしたそうです。
彼はジャニーズ系の少年のような印象で、非常に女性ウケが良いです。

また、体毛が濃かったり、剃り残しが青くなってしまうような方にも、ヒゲの脱毛はおすすめです。
メンズエステや美容外科で男性のヒゲ脱毛をしてもらえます。
毛根にダメージを与えるレーザーや光を当てることで、徐々に生えてくるヒゲの量を減らすことができるのです。
レーザーや光の強さを調整することで、残したいヒゲの量を調整できるため、完全にヒゲが生えない状態まで治療したくない場合にもおすすめです。

エステと美容外科の違いはこちら

治療は1~2ヶ月に一度、数回照射してもらいます。一度の照射でも効果が実感できます。
価格は病院やエステ、当てるレーザーの種類等にもよりますが、全部で数万円~20万円程度かかります。
一回の照射が5000円~であったり、数回の照射がセットで数万円という価格設定の場合もあります。

ヒゲが濃い方ほど、治療にかかる回数も増えます。
そのような場合、回数無制限でレーザーを当ててもらえるサービスがある病院やエステを選ぶことをおすすめします。

安全な処方を適切な価格で|メンズラクシア